スプラッシュ・スクリーン

チュートリアル

これは、GUIサブシステムの仕組みの基本的な考え方を確立するための簡単なチュートリアルです。目標は、シンプルで静的なスプラッシュスクリーンを作成することです。

../../_images/robisplash_result.png

以下は、使用する素材のファイルです。 抽出されたファイルはあなたのプロジェクトフォルダに直接置くことができ、Godotはそれらを自動的にインポートします。

ダウンロード robisplash_assets.zip.

セットアップ

Project Settingsで表示解像度を800 x 450に設定し、次のように新しいシーンを設定します:

../../_images/robisplash_scene.png

ノード「背景」と「ロゴ」はTextureRect型です。画像を表示するには、対応するアセットをテクスチャプロパティにドラッグします。

../../_images/robisplash_background_inspector.png

ノード "start" は TextureButtonです。この例では、さまざまな状態の複数のイメージを取得しますが、NormalとPressedのイメージだけが提供されます:

../../_images/robisplash_button_inspector.png

最後に、ノード "copyright" は Label です。

最終的なシーンは次のようになります。

../../_images/robisplash_editor.png

プロジェクトを実行します。結果に満足したら、次のチュートリアルに進みます。