Android向けのカスタムビルド

Godotには、カスタムビルド Androidテンプレートを使用するオプションが用意されています。Godotに同梱されている既製のテンプレートを使用する代わりに、実際のAndroid Javaプロジェクトがプロジェクトフォルダにインストールされます。Godotはそれをビルドし、プロジェクトをエクスポートするたびにエクスポートテンプレートとして使用します。

これを行う理由はいくつかあります:

  • ビルドする前にプロジェクトを変更します。

  • プロジェクトでビルドする外部SDKを追加します。

Configuring the custom build is a fairly straightforward process. But first you need to follow the steps in exporting for android up to Setting it up in Godot. After doing that, follow the steps below.

カスタムビルド環境をセットアップする

[プロジェクト] メニューに移動し、カスタム ビルド テンプレートをインストールします。

../../../_images/custom_build_install_template.png

エクスポート テンプレートがダウンロードされていることを確認します。そうでない場合は、このメニューを使用してダウンロードできます。

A Gradle-based Android project will be created under res://android/build. Editing these files is not needed unless you want to create your own add-ons, or you really need to modify the project.

カスタムビルドとエクスポートの有効化

プロジェクト>エクスポート ダイアログでAndroidプロジェクトを設定する場合、Custom Build を有効にする必要があります。

../../../_images/custom_build_enable.png

今後、プロジェクトのエクスポートまたはワンクリックデプロイを試みると、Gradle <https://gradle.org/> ビルドシステムが呼び出され、新しいテンプレートが生成されます(このウィンドウは毎回表示されます):

../../../_images/custom_build_gradle.png

作成されたテンプレートは後で自動的に使用されるため、それ以上の構成は必要ありません。