ワンクリック・デプロイ

いいですね、それは何ですか?

これの特徴は、プラットフォームが正しく構成され、サポートされているデバイスがコンピュータに接続されると、自動的にポップアップ表示される事です。多くのレベルで問題が発生する可能性があるため(プラットフォームが正しく設定されていない、SDKが正しくインストールされていない、デバイスが正しく設定されていない、デバイスが不適切に設定されている可能性がある、等)、それが存在することをユーザーに知らせるのは良いことです。

一部のプラットフォーム (このドキュメントの執筆時点では、Androidのみ)は、USBデバイスがコンピュータに接続されているタイミングを検出し、デバイス上でプロジェクトを自動的にエクスポート、インストール、および実行するようにユーザーに提供できます(デバッグモードで)。この機能は、業界の流行語で "One Click Deploy" と呼ばれています。

ワンクリック・デプロイの手順

  1. ターゲットプラットフォームを構成します。
  2. デバイスを構成します(デベロッパーモードであること、同様にコンピューターにUSBケーブルが接続されていること、USBが認識されていることなどを確認します)。
  3. デバイスを接続します...
  4. そしてほら!
../../../_images/oneclick.png

1 回クリックすると...デプロイ完了!