アセットライブラリについて

AssetLibとも呼ばれるGodotアセットライブラリは、ユーザーが送信したGodotアドオン、スクリプト、ツール、その他のリソースのリポジトリであり、まとめてアセットと呼ばれます。すべてのGodotユーザーはエンジン内から直接ダウンロードできますが、Godotの official website からもアクセスできます。

表面的には、アセットライブラリは、UnityのAsset StoreやUnreal EngineのMarketplaceなど、他のエンジンで利用可能なアセットストアに似た外観と機能を持ち、無料で利用可能なアセットと有料の商用アセットの両方を送信できます。さらに、多くの場合、そのようなアセットは非フリーの専有ライセンスの下で配布され、それらでできることを制限します。

Godotのアセットライブラリは異なります。すべてのアセットは無料で配布され、多数のオープンソースライセンス(MITライセンス、GPL、Boost Softwareライセンスなど)の下で配布されます。これにより、AssetLibはLinuxディストリビューションのソフトウェアリポジトリにより類似したものになります。

この一連のページでは、AssetLibの使用方法(Godot内とWebサイトの両方)、独自のアセットの送信方法、および送信のガイドラインについて説明します。

AssetLibは比較的新しいものであることに注意してください - さまざまな問題、バグ、使いやすさの問題がある可能性があります。すべてのGodotプロジェクトと同様に、コードリポジトリはGitHubで利用できます。ここではプルリクエストと発生した問題を送信できますので、お気軽にアクセスしてください!

アセットの種類

投稿できるアセットには、大きく分けて2つのタイプがあることに注意してください。

  • "Templates、"Projects"、または"Demos"というラベルの付いたアセットは、Godotプロジェクトマネージャーの[テンプレート]タブの下に表示されます。これらのアセットは、単独で実行できるスタンドアロンのGodotプロジェクトです。
  • 他のアセットは、Godotエディタの[2D]、[3D]、および[Script]の横の[AssetLib]メイン画面タブの下に表示されるます。これらのアセットは、ダウンロードして既存のGodotプロジェクトに配置することを目的としています。

よくある質問

有料アセットをアセットライブラリにアップロードできますか?

公式のものではありませんが、将来的にはそれを可能にする他のアセットライブラリが出来るかもしれません。ただし、アセットライブラリの外部でGodotアセットを収益化および販売することができます。