Webエディタの実行

Godot 3.3以降ではWebエディタがあり、新しいプロジェクトや既存のプロジェクトで使えます。

注釈

このウェブ・エディターは、まだ初期段階のものです。その機能一式は学習目的には十分かもしれませんが、現在のところ、制作にはお勧めできません。以下の制限事項を参照してください。

ブラウザの対応

Webエディタでは、WebAssemblyのSharedArrayBufferのサポートが必要です。これは、ブラウザでスレッドをサポートするために必要になります。以下のデスクトップブラウザはWebAssemblyのスレッディングをサポートしているので、Webエディタを実行することができます。

  • Chrome 68以降

  • Firefox 79以降

  • Edge 79以降

OperaとSafariはまだサポートされていません。将来的に、Safariにも適切なスレッドサポートが追加されれば、動作するかもしれません。

モバイルブラウザは、現在はまだサポートされていません。

ウェブエディタは、GLES3とGLES2の両方のレンダラーをサポートしていますが、より良いパフォーマンスと、古い/ローエンドのハードウェアとの互換性のために、GLES2を推奨します。

注釈

Linuxをお使いの場合は、FirefoxのWebGLのパフォーマンスが低いため、FirefoxではなくChromiumベースのブラウザを使用することをお勧めします。

制限事項

現在、GodotやWebプラットフォーム側の制約により、以下の機能がありません。

  • C#/Mono に対応していません。

  • GDNative に対応していません。

  • No debugging support. This means GDScript debugging/profiling, live scene editing, the Remote Scene tree dock and other features that rely on the debugger protocol will not work.

  • プロジェクトのエクスポートができません。回避策としては、 プロジェクト > ツール > プロジェクトソースをダウンロード でプロジェクトのソースをダウンロードしてから、ネイティブ版Godotエディタを使ってエクスポートすることができます。

  • 保存されていない変更がある状態でタブを閉じるときでも、エディタは警告を出しません。

  • ライトマップのベイクをサポートしていません。既存のライトマップは、Godotエディタのネイティブバージョンでベイクされたものであれば、使用することができます (既存のプロジェクトをインポートした場合など)。

以下の機能は、Webプラットフォームの固有の制限により、サポートされる可能性は低いでしょう。

  • 外部のスクリプトエディタには対応していません。

  • Androidでは、ワンクリック・デプロイはサポートされていません。

参考

既知の不具合は、GitHubのWebエディタに関する問題リスト を参照してください。

プロジェクトのインポート

既存のプロジェクトのインポート方法:

  • Preload project ZIP を選択してZIPファイルを指定して、HTML5ファイルシステムにプリロードする。

  • Start Godot editor をクリックしエディタ開始します。Godotのプロジェクトマネージャーが10~20秒後に表示されます。マシンのスペックや接続が遅いと起動に数分かかることがあります。

  • ウィンドウ中央にダイアログ表示されるので、作成するためのフォルダ名を指定し Create Folder をボタンをクリックします(ZIPアーカイブの名前と同じである必要はありません)。

  • Install & Edit をクリックすると、エディタのプロジェクトが開きます。

注意

プロジェクトフォルダを /home/web_user/ 内のどこかに置くことが重要です。もしプロジェクトフォルダが /home/web_user/ 以外に置かれていると、エディタを閉じるときにプロジェクトが失われてしまいます!

上記の手順を踏むと、プロジェクトフォルダは常に /home/web_user/projects に置かれ、安全に保たれます。

プロジェクトの編集と実行

Unlike the native version of Godot, the web editor is constrained to a single window. Therefore, it cannot open a new window when running the project. Instead, when you run the project by clicking the Run button or pressing F5, it will appear to "replace" the editor window.

The web editor offers an alternative way to deal with the editor and game windows (which are now "tabs"). You can switch between the Editor and Game tabs using the buttons on the top. You can also close the running game or editor by clicking the × button next to those tabs.

プロジェクトファイルはどこですか?

Due to browser security limitations, the editor will save the project files to the browser's IndexedDB storage. This storage isn't accessible as a regular folder on your machine, but is abstracted away in a database.

You can download the project files as a ZIP archive by using Project > Tools > Download Project Source. This can be used to export the project using a native Godot editor, since exporting from the web editor isn't supported yet.

In the future, it may be possible to use the HTML5 FileSystem API to store the project files on the user's filesystem as the native editor would do. However, this isn't implemented yet.