はじめに

func _ready():
    $Label.text = "Hello world!"

フリーかつオープンソースで、コミュニティが運営する2D/3Dゲームエンジン Godot Engine の公式ドキュメントにようこそ! この先には、どのような種類のゲームでも、どんなプラットフォームでも、使用制限がなく開発できる、パワフルでありながらもユーザーフレンドリーなゲームエンジンが待っています。

このページでは、初めての方や、特定の機能について知りたい方のために、おおまかにGodotエンジンの機能と当ドキュメントの内容について紹介します。

始める前に

チュートリアルとリソースページには、コミュニティから提供されたビデオチュートリアルがリストされています。 テキストよりもビデオを好むなら、一見の価値があるかもしれません。

チュートリアルまたはプロジェクトのいずれかで問題が発生した場合は、さまざまなコミュニティチャネル、特にGodot Discordコミュニティ、Q&A、IRCでヘルプを見つけることができます。

Godot Engine について

ゲームエンジンは複雑なツールのため、少ない言葉でGodotを表現するのは難しいことです。こちらが短い概要ですが、Godotについて短く紹介する必要がもしあればご自由にこれを再利用してください。

Godotエンジンは機能豊富な、クロスプラットフォームのゲームエンジンであり、2D・3Dゲームを単一のインターフェイスで製作することができます。基本的なツールは一通り用意され、ユーザーは車輪の再発明をすることなくゲーム製作に集中できます。製作したゲームは主要なデスクトップ環境(Linux, MacOS, Windows)や、モバイル(Android, iOS)、Webベース(HTML5)環境にワンクリックで書き出せます。

Godot はMITライセンスの下、完全に自由でオープンソースです。利用に関して特に制限はありませんし、利用料を請求することもありません。エンジン コードの最後の一行まで、ゲームは製作したユーザーのものです。Godot は自主的なコミュニティによって開発されており、エンジンを期待にかなうものにするため、ユーザーの方々も自由に参加できます。Godot は非営利団体 Software Freedom Conservancy によって支援されております。

さらにGodot Engineについて詳しい情報は、このドキュメントを読み進めること、特にステップバイステップ チュートリアルをお勧めします。

このドキュメントについて

このドキュメントは、Godot Engineコミュニティのメンバーによって継続的に作成、修正、編集、改訂されています。これはreStructuredTextマークアップ言語でテキストファイルを介して編集され、オープンソースのSphinxReadTheDocstoolsを使って静的なWebサイト/オフライン文書にコンパイルされます。

注釈

Godotのドキュメント作成に貢献するには、GitHubのソースリポジトリにて Issueチケットの発行ないしプルリクエストを使用して改修案を提供していただくか、Weblateで、あなたの慣れ親しんだ言語に翻訳してください。

このコンテンツは「Juan Linietsky」、「Ariel Manzur」そして「Godot Engine コミュニティ」によって、クリエイティブ・コモンズ-表示 3.0(CC-BY 3.0)ライセンスの下、管理されております。

ドキュメントの構成

このドキュメントはとても偏った5つのセクションから構成されていますが、それらは比較的直感的に分割されているはずです:

  • 一般セクションは、歴史、ライセンス、作者などのゲームエンジンの概要と同様の紹介をしています。また、よくある質問も含んでいます。
  • 入門セクションは、このドキュメントの主な存在意義で、エンジンを使ってゲームを作るのに必要なすべての情報が入っています。それは、ステップバイステップから始まるこれらのチュートリアルは、すべての新規ユーザーのための入り口です。
  • チュートリアル セクションは、好きな順番で必要に応じて読むことができます。これには、多くの機能固有のチュートリアルとドキュメントが含まれています。
  • 開発セクションは、高度なユーザーとエンジン開発への貢献者に対して、エンジンのコンパイルやC++モジュールまたはエディタプラグインの開発に関する情報を提供します。
  • コミュニティセクションには、エンジン開発とそのコミュニティの生活に貢献するための情報が記載されています。たとえば、バグの報告方法やドキュメントのヘルプなどです。IRCやDiscordなどのさまざまなコミュニティチャンネルも参照できます。また、このドキュメント以外にも推奨されるサードパーティのチュートリアルのリストも含まれています。
  • 最後に、クラス リファレンスはGodot APIのドキュメントです。これはエンジンのスクリプトエディタで直接利用することもできます。 メインソースリポジトリのファイルから自動的に生成されるため、生成されたドキュメントのファイルは変更されません。 詳細はContributing to the class referenceを参照してください。

このドキュメントに加えて、さまざまなGodotデモプロジェクトを見てみることもできます。

Godot Engineでの学習やゲーム開発を楽しんでください!