Godotでの(ゲーム)コンソールのサポート

Console publishing process

Regardless of the engine used to create the game, the process to publish a game to a console platform is as follows:

  • Register a developer account on the console manufacturer's website, then sign NDAs and publishing contracts. This requires you to have a registered legal entity.
  • Gain access to the publishing platform by passing the acceptance process. This can take up to several months. Note that this step is significantly easier if an established publisher is backing your game. Nintendo is generally known to be more accepting of smaller developers, but this is not guaranteed.
  • Get access to developer tools and order a console specially made for developers (devkit). The cost of those devkits is confidential.
  • Port the engine to the console platform or pay a company to do it.
  • To be published, your game needs to be rated in the regions you'd like to sell it in. For example, in North America, the ESRB handles game ratings. In Europe, this is done by PEGI. Indie developers can generally get a rating for cheaper compared to more established developers.

Due to the complexity of the process, the budget to publish a game by yourself on a single console often exceeds $1,000 (this is a rough figure).

公式サポート

Godot currently does not officially support consoles. The reasons for this are:

  • コンソール用に開発するには、企業としてライセンスを取得する必要があります。オープンソースプロジェクトとして、Godotにはそのような法的な体制はありません。
  • Console SDKは秘密であり、秘密保持契約の対象です。それらにアクセスできたとしても、プラットフォーム固有のコードをオープンソースライセンスで公開することはできません。
  • コンソールには専用のハードウェアが必要であるため、通常のユーザーはゲーム用のゲームを作成できません。

ただし、サードパーティ企業が提供するサービスのおかげで、ゲームをコンソールに移植することは可能です。

注釈

In practice, the process is quite similar to Unity and Unreal Engine, except that you need to contact a third-party developer to handle the porting process. In other words, there is no engine that is legally allowed to distribute console export templates without requiring the user to prove that they are a licensed console developer. Doing so would violate the console manufacturer's NDA.

サードパーティのサポート

Godotのコンソールへの入り口は、サードパーティ企業(Godotを独自に移植している)によって提供されています。これらの企業は、さまざまなコンソールへのゲームの公開も提供しています。

プロバイダーのリストは次のとおりです:

  • Lone Wolf Technology は、GodotゲームのSwitch、PS4、Xbox Oneの移植と公開を提供しています。
  • Pineapple Works は、GodotゲームのSwitchおよびXbox Oneの移植と公開を提供します。

あなたの会社がGodotゲームの移植および/または公開サービスを提供している場合は、issueを開くか、プルリクエスト を自由に使用して、会社を上記のリストに追加してください。