仕上げ

We have now completed all the functionality for our game. Below are some remaining steps to add a bit more "juice" to improve the game experience.

Feel free to expand the gameplay with your own ideas.

Background(背景)

デフォルトのグレーの背景はあまり魅力的ではないので、色を変更してみましょう。これを行う 1 つの方法は、ColorRect ノードを使用することです。他のノードの後ろに描画されるように、それを Main の下の最初のノードにします。 ColorRect には、 Color というプロパティのみがあります。好きな色を選択し、「レイアウト」→「Rect全面」を選べば、画面はそれで覆われます。

背景画像がある場合は、代わりに TextureRect ノードを使用して、それを追加することもできます。

効果音

サウンドと音楽は、ゲーム体験に魅力を与えるには最上級に効果的な方法となりえます。ゲームのアセットフォルダには、BGMの House In a Forest Loop.ogg と、プレイヤーが負けたとき用の gameover.wav という2つのサウンドファイルがあります。

2つのAudioStreamPlayerノードを Main の子として追加します。その1つに Music 、もう1つに DeathSound と名前を付けます。各ファイルにて Stream プロパティをクリックし、「読み込み」を選択してから、対応するオーディオファイルを選択します。

音楽を再生するには、 new_game() 関数に $Music.play() を追加し、 game_over() 関数に $Music.stop() を追加します。

最後に、 game_over() 関数に $DeathSound.play() を追加します。

キーボード ショートカット

このゲームはキーボード コントロールにてプレイするので、キーボードのキーを押してゲームを開始できると便利です。それには Button ノードの「Shortcut」プロパティを使用すれば可能です。

In a previous lesson, we created four input actions to move the character. We will create a similar input action to map to the start button.

Select "Project" -> "Project Settings" and then click on the "Input Map" tab. In the same way you created the movement input actions, create a new input action called start_game and add a key mapping for the Enter key.

In the HUD scene, select the StartButton and find its Shortcut property in the Inspector. Select "New Shortcut" and click on the "Shortcut" item. A second Shortcut property will appear. Select "New InputEventAction" and click the new "InputEventAction". Finally, in the Action property, type the name start_game.

../../_images/start_button_shortcut.png

Now when the start button appears, you can either click it or press Enter to start the game.

And with that, you completed your first 2D game in Godot.

../../_images/dodge_preview.gif

You got to make a player-controlled character, enemies that spawn randomly around the game board, count the score, implement a game over and replay, user interface, sounds, and more. Congratulations!

There's still much to learn, but you can take a moment to appreciate what you achieved.

And when you're ready, you can move on to Your first 3D game to learn to create a complete 3D game from scratch, in Godot.